スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット方法 簡単 グルメ

2015.05.10.15:38

グルメ・食品 >>
ファッション・雑貨・アクセ >>
ペット・ペット用品 >>
教育・学校・資格・講座 >>
車・バイク >>
スポーツ・趣味 >>
パソコン・家電 >>
電話・通信 >>
インターネットサービスプロバイダー >>
美容全般・健康グッズ・健康食品 >>
不動産・賃貸・引越 >>
エンタメ(書籍・音楽・映画等) >>
女性向サービス >>
アート・写真 >>
懸賞・メルマガ >>
ポイントサービス >>
ギフト・花・ガーデニング >>
ゲーム・玩具・ギャンブル >>
株式・証券 >>
金融 >>
広告メディア >>
家庭・子供用品・家具 >>
オフィス用品 >>
就職・転職・仕事情報 >>
SOHO・在宅ワーク >>
保険 >>
ビジネスサービス >>
旅行・航空券 >>
ノウハウ・ハウツー・セミナー >>
結婚情報 >>
ブログ・情報交換・地域・海外情報 >>
コミュニティ >>
チャット >>
楽天市場 >>
その他 >>
また、狙うワードを決める際にもテクニックが必要です。
ライバルの多すぎるワードは、まず一位を取れません。
ライバルが多めのワードは、一位を取るのに数年かかりますが
ライバルの少ないワードならば、すぐに一位を取れる事もあります。
検索数の多いワードは基本的にライバルが多いのですが、
中には検索数が多いのにライバルが全くいない。
そんな『おいしいワード』があります。
狙うのはこのような『おいしいワード』です。
僕は数十分で作ったブログで10000アクセスを生んだこともあります。
例えば、人気漫画の発売日に関する記事や
新番組のサイトを作成すればすぐにアクセスになります。
ワンピース○○巻の発売日は!?
などの記事を前から作っておけば、
発売日の近くにかなりのアクセスを生む訳です。
ここにワンピースの最新刊の広告をamazonや楽天から貼ったり
クリック広告であるアドセンスを目立つ所に貼ればOKです。
ちなみにこのようなおいしいワードは
以下のキーワードツールで調べることができます。
(キーワードアドバイスが少し前に停止した為、
今はツールを使わずにintitle:など使ったり、
自分で予測してる人も多いようです。)
フェレット
http://ferret-plus.com/
(ここは唯一、最新のデータが取れる貴重なサイトです。
僕は有料登録してますがキーワード探しに本当に使えます。)
キーワードアドバイスツール
http://www.muryoutouroku.com/seo/keyplus1.html
それでは、狙うジャンル、広告、ワードがある程度決まったら
早速ブログを作るためのブログサービスの準備をしましょう。


STEP8、サーバー、ドメインの準備をする。
それではホームページを作る準備をしましょう。
無料ならばFC2などの無料ホームページスペースに登録し、
有料ならばサーバーとドメインに登録しておきましょう。
とりあえず最初の準備としては
トップページである「index.html」
記事ファイルを保存するフォルダの作成。名前は何でもOKです。当サイトでは「kizi」
画像ファイルを保存するフォルダの作成。名前は何でもOKです。当サイトでは「gazou」
記事ファイルは当サイトは「001.html」「002.html」としていますが
記事タイトルを英語にしたURLにしてもOKです。
後者にしてもSEO的にはほとんど加点されないため、
面倒な人は数字順のファイル名にしておいてOKでしょう。
上記のサイト作りの準備が出来たら
次はサイト作成時に便利なツールを準備しましょう。


STEP9、FTPとテキストエディタを用意する。
作成したテキストファイルをホームページにアップロードする場合、
ファイルマネージャーで更新する方法と
FTPソフトで更新する方法があります。
ファイルマネージャーの場合はサーバーサイトの
ファイルマネージャーというものにアクセスし、
そこからアップロードするファイルを選択して
アップロードボタンを押すだけでアップロードできます。
僕も最初はこのファイルマネージャーを利用していたのですが
1、ブラウザを開く。
2、サーバーサイトに接続。
3、ファイルマネージャーに接続。
4、ファイルを選択。
5、アップロード。
と作業が多くなってしまいます。
また、1つずつファイルを選択するので
50の記事を一括更新する場合は
50回もファイルを選択しなければいけません。
FTPソフトを使えば、このファイル転送を簡単に出来ます。
FTPソフトを起動してファイルをドラッグ&ドロップするだけで
100個のファイルでも同時にアップロードしてくれます。
ホームページ作成には必須の便利ソフトなので
FTPソフトは絶対にダウンロードしておきましょう。
(windowsの場合はFFFTP・macの場合はfetchが使いやすいかと思います)
また、HTMLを書き込む際には
色分けできるテキストエディタがあると便利です。
HTMLを書いた部分が赤くなったり
タグが間違っている時に知らせてくれたり
HTMLを書き込む時にかなり重宝します。
HTMLタグの色分け機能付きテキストエディタについては
allaboutの以下のページが参考になるでしょう。
http://allabout.co.jp/internet/hpcreate/closeup/CU20090616A/
(ちなみにmacOSXの場合は一括置換も可能なJeditxがオススメです。)
これでレンタルサーバー・テキストエディタ・FTPが揃い、
ホームページを作成するための準備が全て整ったことでしょう。


STEP10、ホームページのデザイン、構成、カテゴリなどを考える。
それでは実際にどんなホームページにするかを
具体的に考えて決めていきましょう。
全体のデザインはどのようにするか。
トップページをどのようにするか。
どんなカテゴリを用意するか。
など、想像しているホームページを紙に描いてみると
自分の作りたいものが整理されてとても分かりやすくなります。
ちなみに当サイトのページを見てみて下さい。
html
ヘッダーにサイトロゴを使用し、
2カラムレイアウトで左側にコンテンツ・右側にサイドバーを設置し、
サイドバーにはメインコンテンツの紹介とカテゴリの紹介、
そして直帰率を上げないように注目の記事を掲載しています。
当サイトの場合はデザインが少し古くさく、
もうちょっと勉強して綺麗なデザインにしたいのですが
大抵のサイトはこのようにコンテンツとサイドバーを使った
2カラムレイアウトになっているかと思います。
本当はCSSでレイアウトしないといけないのですが
僕はサイト作成についてそこまで勉強しておらず、
邪道のHTMLでのテーブルレイアウトにしています;
ウェブデザインを勉強した人にはひどいサイトデザインに見えるかもしれませんが
逆にこの程度の素人でも収入を得られるのですから
全くの初心者の方でも敷居は低いかと思います。
こうしてある程度ホームページの形が見えてきたら
実際にHTMLタグとCSSを駆使して作成してみましょう。
テンプレートを利用してもいいのですが
他人が作ったファイルはなかなかいじりにくいかと思います。
できることならば自分で作成した方が後々自由に編集できるようになるでしょう。
ちなみにテーブルレイアウトは若干サイト表示が遅くなるので
CSSでのレイアウトの方が断然オススメです(^^;)


STEP11、ホームページを形作ってみる。
それではホームページを形作ってみましょう。
最初は思い描いた通りにはなかなか出来ず、
妥協している内に全然違うホームページになってしまうでしょう。
まずは下手でもいいですし、後で修正すればいいので
とりあえずトップページを作成してみましょう。
実際、僕のサイト『!』も
最初は一列にメニューを表示していただけのサイトでした。
(現在もレイアウトに使ってはいけないTABLEタグで囲い
なんとかデザイン的にごまかしているほどですので)
具体的なホームページの作成方法としては、
まずトップページを作り、
次に各カテゴリページと記事ページのテンプレートを作ります。
(最初は記事数が少ないのでカテゴリページは後で作ってもOKです)
ある程度のテンプレートが完成したら
コンテンツを充実させるために記事ページを増やし、
トップページからリンクしましょう。
もし、この時点でサイト作成が面倒で挫折してしまいそうという方は
やはりブログから始めた方がいいかもしれません。
諦めてしまっては元も子もないので
技術がほとんどいらないブログからスタートした方が効率がいいでしょう。
ちなみに記事の内容としては、
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

バリファ

Author:バリファ
暴飲暴食で
スーパーメタボ
 130Kg
高血圧に高脂血症
どうしても、絶対にやせたいのです。
- - - - - - - - - - -
after 55Kgになりました。
プロフール

メニュー
◆ かてごり
検索フォーム
★ 公式サイト
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
トラックバック
ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク
相互リンク
相互リンクの
サイトを
募集しています。
RSSリンク
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。